Monthly Archives: 1月 2017

AED設置しました!

ファンスタイル沖映通り支店では、万が一のことがあった場合に備えて、店内にAEDを設置しています。

AEDとは日本語で「自動体外式除細動器」(じどうたいがいしきじょさいどうき)といいます。

突然心臓が止まってしまって倒れた人の蘇生に有効な器械です。

そういった人に対して、器械を接続することにより、器械が自動に判断し、その状況に対応してくれるのです。

実際に心臓の発作により倒れて亡くなる方は年間約3万人いると言われています。

近隣の急な事態にも対応出来るよう設置していますので、緊急の場合は、是非一声おかけください。

 

ファンスタイル沖映通り支店では、万が一のことがあった場合に備えて、店内にAEDを設置しています。

AEDとは日本語で「自動体外式除細動器」(じどうたいがいしきじょさいどうき)といいます。

突然心臓が止まってしまって倒れた人の蘇生に有効な器械です。

そういった人に対して、器械を接続することにより、器械が自動に判断し、その状況に対応してくれるのです。

実際に心臓の発作により倒れて亡くなる方は年間約3万人いると言われています。

近隣の急な事態にも対応出来るよう設置していますので、緊急の場合は、是非一声おかけください。

 

ファンスタイル沖映通り支店では、万が一のことがあった場合に備えて、店内にAEDを設置しています。

AEDとは日本語で「自動体外式除細動器」(じどうたいがいしきじょさいどうき)といいます。

突然心臓が止まってしまって倒れた人の蘇生に有効な器械です。

そういった人に対して、器械を接続することにより、器械が自動に判断し、その状況に対応してくれるのです。

実際に心臓の発作により倒れて亡くなる方は年間約3万人いると言われています。

近隣の急な事態にも対応出来るよう設置していますので、緊急の場合は、是非一声おかけください。

 

ファンスタイル沖映通り支店では、万が一のことがあった場合に備えて、店内にAEDを設置しています。

AEDとは日本語で「自動体外式除細動器」(じどうたいがいしきじょさいどうき)といいます。

突然心臓が止まってしまって倒れた人の蘇生に有効な器械です。

そういった人に対して、器械を接続することにより、器械が自動に判断し、その状況に対応してくれるのです。

実際に心臓の発作により倒れて亡くなる方は年間約3万人いると言われています。

近隣の急な事態にも対応出来るよう設置していますので、緊急の場合は、是非一声おかけください。

 

ファンスタイル沖映通り支店では、万が一のことがあった場合に備えて、店内にAEDを設置しています。

AEDとは日本語で「自動体外式除細動器」(じどうたいがいしきじょさいどうき)といいます。

突然心臓が止まってしまって倒れた人の蘇生に有効な器械です。

そういった人に対して、器械を接続することにより、器械が自動に判断し、その状況に対応してくれるのです。

実際に心臓の発作により倒れて亡くなる方は年間約3万人いると言われています。

近隣の急な事態にも対応出来るよう設置していますので、緊急の場合は、是非一声おかけください。

 

ファンスタイル沖映通り支店では、万が一のことがあった場合に備えて、店内にAEDを設置しています。

AEDとは日本語で「自動体外式除細動器」(じどうたいがいしきじょさいどうき)といいます。

突然心臓が止まってしまって倒れた人の蘇生に有効な器械です。

そういった人に対して、器械を接続することにより、器械が自動に判断し、その状況に対応してくれるのです。

実際に心臓の発作により倒れて亡くなる方は年間約3万人いると言われています。

近隣の急な事態にも対応出来るよう設置していますので、緊急の場合は、是非一声おかけください。

 

ファンスタイル沖映通り支店では、万が一のことがあった場合に備えて、店内にAEDを設置しています。

AEDとは日本語で「自動体外式除細動器」(じどうたいがいしきじょさいどうき)といいます。

突然心臓が止まってしまって倒れた人の蘇生に有効な器械です。

そういった人に対して、器械を接続することにより、器械が自動に判断し、その状況に対応してくれるのです。

実際に心臓の発作により倒れて亡くなる方は年間約3万人いると言われています。

近隣の急な事態にも対応出来るよう設置していますので、緊急の場合は、是非一声おかけください。

 

ファンスタイル沖映通り支店では、万が一のことがあった場合に備えて、店内にAEDを設置しています。

AEDとは日本語で「自動体外式除細動器」(じどうたいがいしきじょさいどうき)といいます。

突然心臓が止まってしまって倒れた人の蘇生に有効な器械です。

そういった人に対して、器械を接続することにより、器械が自動に判断し、その状況に対応してくれるのです。

実際に心臓の発作により倒れて亡くなる方は年間約3万人いると言われています。

近隣の急な事態にも対応出来るよう設置していますので、緊急の場合は、是非一声おかけください。